【docomo歴10年】キャリアから格安SIM(リンクスメイト)に乗り換えた理由と手続きの流れ

タイトル通りなんですけど、高校1年から使い続けてたDoCoMoを格安SIMに乗り換えました!

いや乗り換え中なんですけど、あとSIMが届くの待ってる状態なので、乗り換えた理由と流れをまとめました。

利用状況や使用感が近い方がいたら参考にしてみて下さい。

DoCoMo歴10年が格安SIM乗り換えた理由

社会人3年目になり、月の固定費を削減しようとあれこれ考えた結果まずは携帯料金かな?と思い立ったのが発端です。

まず、私のDoCoMo利用時の月の費用は4800円くらいです。
普通の人より多分安いですが、その理由は家族でシェアパックにしており、シェアパックも3Gという一番低いプランです。

個人用にポケットwi-fiを所持しており、基本的にキャリアの通信を利用していませんでした。

iPhone7の端末代金の支払いが11月で終わり、タイミング的にちょうど良かったので、
キャリアの固定費より安くなるなら格安SIMに乗り換えようと思いました。

ちなみに私の通信できる端末はiPhone7(DoCoMo)、iPad Pro(wifiモデル)、ポケットwifi、自宅に光回線の4つですね。

出先ではポケットwifiでネット利用し、自宅では光回線でwifi飛ばしているので、ほんとにキャリアの通信使わないんですよね。

DoCoMoから格安SIMへ変更した際の費用の違い

変更前

4800(DoCoMo通信費)+4300(ポケットwifiの通信費)+5000(光回線)=14100

ポケットwifiはプレミアモバイルのやつですね(よく移動すると使いにくいです)

光回線はソフトバンク光です。

変更後

3800(LinksMate通信費)+300(LinksMate2枚目利用費)+5000(光回線)=9100

格安SIMは『LinksMate』さんにしています。
理由は後で書くのでここでは割愛。

DoCoMoとプレミアモバイルを解約し、『LinksMate』一本で行こうと思います。

プレミアモバイルで購入したポケットwifiのルーターを利用し、『LinksMate』の2枚目SIMで利用しようかなと考えています。

単純に5000円安くなり、普段使いの大きな変わりはないので乗り換えない手はないと判断しました。

乗り換え先の格安SIMを『LinksMate』にした理由

DoCoMo回線を使う格安SIMはたくさんありますが、その中で『LinksMate』を選らんだ大きな理由は2つあり、

自分の利用環境に合っているのが『LinksMate』だったという感じですね。

安さだけなら他社の方がプラン的にもいい物もありました。

DoCoMo回線以外の他社は選択肢になかったですね。
やはりDoCoMo使ってたので、使用感が離れるのがいやだったのとカウントフリーオプションの存在です。

DoCoMo回線以外の格安SIMだと、SIMロック解除の手続きをしなければいけません。

そこまで大変な作業ではないですが、手間が少しでも増えるならわざわざ他社回線使う必要性はないと思います。

普段よく使うサービスはもう限られているので、そのうち3つもカウントフリーオプションに入っています。

この2つが大きな理由で、『LinksMate』に決めました。

よく利用するサービス①『Twitter』

仕事の休憩時間や、移動中などよく使うのでTwitterがカウントフリーなのはめちゃくちゃでかいですね。

よく利用するサービス②『YouTube』

これもよく利用しますが、iPhone,iPadではそこまで高頻度ではないですね。
待ち時間やお昼休憩くらいです。

よく利用するサービス③『AbemaTV』

AbemaTVは基本的に家で見るので、カウントフリーに入っていても関係ないかもしれませんが、
今後外でも利用するかもしれないので、あって困る事はないです。

よく利用するサービス④『グラブル』

僕のTwitter観てる方ならわかると思いますが、今やってるソシャゲが一つだけありそれが『グラブル』です。

グラブルに特典が付いてくるので、これが最大の目当てというわけではないですが大きな要因の一つなのは間違いないですね。

DoCoMoから格安SIMに乗り換える流れと手続き

大きく4ステップくらいありますが、マジで簡単でした。
乗り換える流れの参考にどうぞ

事前準備:契約内容の確認。

乗り換える契約内容の確認をしましょう。

月々の費用もそうですが、端末代金、違約金や回線の代表者になっているかどうか等です。

回線代表者になっていると、手続きが手間です。
DoCoMoだと1万くらいするので、違約金も気を付けましょう。

端末代金も残っているとまとめて払うことになるので、契約内容はしっかりと確認すべきですね。

この段階で乗り換え先の格安SIMを決めておき、乗り換え前としっかり比較しましょう。

利用する端末は乗り換え前の物を使うか、新しく購入するかもここで決めておくと良いですね。

私の場合はDoCoMoで購入したiPhone7をそのまま『LinksMate』でも利用します。

①MNP予約番号を発行

電話番号を変えずに回線だけ変える場合は必須ですね。

方法は3つあります。

1.インターネットで手続き
dアカウントを発行して「My docomo」にログインし「ドコモオンライン手続き」から申し込みましょう。

2.電話での手続き
docomoの携帯から電話をかける方は「151」にかけて申し込みましょう。

3.ドコモショップでの手続き
近くのドコモショップに来店して申し込みましょう。

※MNP予約番号の有効期限は、予約申し込み日を含め15日間です。
有効期限を過ぎてしまった場合、再発行が可能です。
MNP予約番号を発行した時点ではdocomo側で解約の手続きは行われません。
MNPが完了した時点で解約となります。

②乗り換え先の格安SIMの手続き

乗り換えにはMNP予約番号を使うので①で作った予約番号を使い、手続きをします。

手続きをして格安SIMの発行してもらいましょう。

本人確認でマイナバーカードや、運転免許証等を写真でアップロードしないといけないので用意しておきましょう。
私はマイナンバーカードで3,4時間で承認されました!

今回『10GB、音声通話機能料金、カウントフリーオプション』の手続きをしました。

SIMカードが届くまで、2,3日待つようですので、③までは少し日にちが必要です。

③MNP開通依頼

SIMカードが家に届いたら、一緒に送られてくる説明書の通りに行いMNP開通を済ませましょう。

MNP開通依頼というのは、電話番号の引継ぎを完了させる手続きです。

これが終わるとDoCoMoのサービスが受けれなくなりますので、DoCoMoメールの引継ぎ等最終確認をしておきましょう。

④APN設定をする

スマホでインターネットにつなぐための設定ですね。

③と同じく説明書が付いて来るのでその通りにすれば大丈夫です。

そんなに難しい設定もなく5分もかからずできるでしょう。

まとめ

今後キャリアから格安SIMに乗り換える人、最初から格安SIMを契約する人はどんどん増えていくと思います。

3大キャリアも契約プラン等対策してくると思いますが、現代の若者はネットリテラシーが高く、安く使いやすいサービスを選んでいきます。

僕が10年キャリア使い続けたのは親が支払いをしてきてたので、そこまで契約内容を気にしていなかったのと家族が困ったときにDoCoMoじゃないとわからないかも?という不安があったんだと思います。

社会に出て契約内容の見直しと、一人暮らしになる事で家族サービスもほぼない状態になったので乗り換えという事にしました。

特に20代の若者は給料もまだ少なく固定費も抑えたい所でしょうし、その一例として参考にして頂ければと思います。

また、どこかで『LinksMate』の使用感のレビューするのでそれを見てからでも遅くないかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)