『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想と過去作観てない人も楽しめる?

公開日から少し遅れましたが、『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』観てきました。

感想と過去作見ていない人も楽しめるか書いていこうと思います。

今年の11月23日に『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』の続編、『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開されました!

友人や家族、恋人と見に行かれる方は多いんじゃないでしょうか!私も今日見に行ってきました!

ネタバレ有りですので、視聴前に感想見たくない場合はご注意下さい。
大きなネタバレになるような部分には触れないようにはしています。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想

まず観終えた時に、グリンデルバルドが居るシーン、ニュートと同じくらい多くないか?と感じたのですがエンドクレジットを見て納得。

この映画のタイトルは英語だと『Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』と書かれています。
サブタイトルは直訳するとグリンデルバルドの犯罪、となります。

そりゃグリンデルバルドの登場シーン多いわと納得ですね。
また「ハリーポッター」シリーズの小ネタが多いなとも感じました。

見た覚えはあるけど名前の出てこないアイテムや、そういえばこんな授業あったなぁという感じで本編に直接絡んでくることはありませんでした。
あくまでも小ネタですね。
ですが拾えると楽しく、結構ありました。

本編のストーリーに関してはニュートとティナの関係を描く横でジェイコブとクイニーの関係も描きながらグリンデルバルドと対峙していくよ。あ、おまけでクリーデンスの過去についても触れておくね……といった感じでクリーデンスは今作ではやや影が薄いです。

お前今回、蛇のねーちゃん助けたことくらいしか印象ないぞ。
もしかして私の観方が悪かったのかもしれない…
もう一回観ろというお告げかも

グリンデルバルドはクリーデンスのことを「鍵になる」とか「レールは敷いた」とか色々言ってた割りに基本は放置ですかそうですか。

悪役がせせこましく動いてる所とか見せて欲しいわけじゃないんですけどね。
それからティナに序盤接触して終盤クリーデンスに過去を語ってた黒人さんはただの個人なの?

申し訳ないことに名前すら覚えてないし、次回以降出演するか怪しい立ち位置じゃない君?って感じがぷんぷんしました。
多分半分くらいは私の観方が悪いだけな気もします。

あとは、ニコラス・フラメルは不老不死で数百年生きてるくせに可愛いじーさんだなと思いました。その癖終盤でちらっと仕事もするので登場時間の割りには印象が強いです。

小ネタ枠で名前を知ってたから印象が強いのでは?と言われたら否定は出来ません。

ですが多分今作で一番株が上がったのはあのじーさんなんじゃないかとは思います。

逆に株が下がったのはクイニーかなぁ。女性視点だとまた評価が違ってくるんだろうか。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は過去作観てない人も楽しめる?

まず話の結論からですが過去作を観ていなくても楽しむことはできます。
ちなみにこの場合の過去作とは「ハリーポッター」シリーズの事です。

また1作目である「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観ていなくても話のあらましは分かりますが、細かい部分で分からない点は出てきます。
人物の相関関係などは1作目を見ていないと把握できないため、この映画を万全に楽しみたいのであれば1作目の視聴を推奨します。

以下にその説明をつらつらと書いておきますので読みたい方はどうぞ。

今回の映画は「ファンタステッィクビースト」シリーズの2作目にあたり、時系列では1作目から数ヶ月ほど経過した状態から話が始まります。1作目と2作目である今作を本の章で言い表すならば、1作目は人物紹介から序章まで、2作目は一章といった具合になります。1作目で名前が出た割にあまりキャラクターの掘り下げがなかったグリンデルバルドに多くのフォーカスが向けられ、主人公であるニュート・スキャマンダーと対峙する様が描かれています。物語の起承転結でいえば「起」にあたる部分が今作です。1作目を観ていなくても話の流れはだいたい分かると言った理由はこういうことです。ただし1作目を観ていない場合キャラクターの事を知らずに物語を観る事になるので、人物関係やキャラクターの考え方などが分かりづらくなります。そのためあくまでも観ておく必要があるのは1作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」だけです。ハリーポッターシリーズは見ていないというかたでも今作は十分楽しめる物となっているため心配は要りません。しかし今作では若かりし頃のダンブルドア先生や魔法のアイテムなど、ハリーポッターシリーズにあった物が要所要所で登場するため、熱心なファンや記憶力に自信のある方なら思わず笑みを浮かべたくなることでしょう。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開動画

 

大作なだけあって予告も力入ってますね!

ファンタスティック・ビーストの時系列

そして映画『ファンタスティック・ビースト』は、ハリーポッター映画のスピンオフ作品ですので、ハリーポッター作品を視聴することでより楽しめる作品となっています。

ハリポタシリーズは下記8作品となっており、これらの後にファンタスティック・ビースト1~5ということになります。

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

ハリポタシリーズを全作品無料で見るには『Hulu』か『U-NEXT』がおすすめ!

U-NEXTだと前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が観れますが、ハリポタシリーズは1作品300円となっています。

Huluは期限内だとハリポタシリーズが無料で見れるが、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が配信されておりません。

今までに『Hulu』『U-NEXT』サービスを利用していなければ、ハリポタシリーズ8作品を『Hulu』で視聴し、
前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を『U-NEXT』で視聴し、映画館で今作を見るという方法が一番お得にシリーズを完走する事が出来ますね。

無料期間終了後、継続するかは下記記事参考に決めてみて下さい。
VODサービス一つでも利用しておくと暇つぶしには最高に便利ですよ!

U-NEXTを一ヶ月無料登録で利用して継続するか考えた!暇つぶしや引きこもる日には最高!

まとめ

まだファンタビシリーズは始まったばかりですが、一応シリーズ物ですので、前作を見てから今作品を見るべきでしょう。

余裕があればハリポタシリーズを見ると、世界観やネタなどの繋がりがあり倍楽しめることは間違いないでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)