iphone7でモバイルSuicaを導入したので使い方と注意点を紹介!スマートに買い物を済ませよう

サービス開始からかなり遅いですがつい先日、iPhone7でモバイルSuicaを導入しました。

モバイルSuicaを導入した経緯は基本的に電車利用しないので、交通系ICは路面電車用のPASPY以外持っていませんでした。

基本移動手段はバイクなんですが、あまりにも暑いのでJRを利用した時に券売機を利用した時不便に感じたので、導入に繋がりました。

今回は導入方法と使い方、ちょっと気を付けたい注意点をご紹介します!

モバイルSuicaを導入するメリット、デメリット

メリット

カードを持つ必要がない!

iPhoneの操作だけでどこでもチャージ可能!(ビューカードならオートチャージ可

財布を持たなくても買い物が出来る!

デメリット

バッテリー切れたら利用できなくなる。

iPhone上でしかチャージできない。(券売機でのチャージが出来ない)

モバイルSuicaの導入方法

僕はSuicaを持っていなかったので②の新規登録で追加しました。

①持っているSuicaを読み取って登録する。

1.iPhoneでWalletアプリを起動し、+ボタンをタップ。

2.次を押しSuicaを選び、持っているSuica裏面に書かれている番号下4桁を入力。

3.次へ進み、利用条件に同意をタップ

4.iPhoneの上部にSuicaの中央部分が重なるように乗せて読み取り終了!

②モバイルSuicaで新規発行。

<前準備>

前準備としてApplePayに登録されてるクレジットカードからチャージを行うので、Walletに支払い用のクレカを登録して下さい。

1.Walletアプリを起動し『カードを追加』を選び、TouchIDとパスコードを設定。

2.次へを入力し、カード全体を枠内に収まるように読み取ります。

3.セキュリティコードを入力して、『同意する』で完了です。

<モバイルSuicaの新規登録>

1.Suicaアプリを起動しSuica発行をタップ。

2.記名or無記名を選び、注意事項も次へ進みます。

3.チャージ画面で『金額を選ぶ』を選択します。

4.好きな金額をチャージしapplepayで支払い完了です。

これで導入完了です!

モバイルSuicaの利用方法

自動改札機を通る時

普通のカードと同じで、ICリーダーにiPhoneをかざすだけです。

初期設定ではTouch IDを使わずにそのまま自動改札機を通れるようエクスプレスカードに設定されています。

Suica登録が完了しているiPhoneであれば、スリープ状態のまま改札のICリーダーにかざすだけで通過することが出来ます。

不安な方はiPhoneの『設定→WalletとApple Pay→エクスプレスカードがSuica』になっている事を確認して下さい。

この状態であればスリープモードでもICリーダーにかざすだけで認識され、利用出来ます。

コンビニ等で買い物する時

基本的には上記と同じです。

カードがiPhoneになったと思えば違和感はないと思います。

いつも通り支払いは『Suica』でと伝え、スリープモードの状態でもiPhoneをかざせば支払い出来ます。

モバイルSuicaではなく、違うカードで支払いたい場合はWalletから別のカードを選択して利用してください。

ロック解除画面からホームボタン2度押しでWalletのカード選択画面に移動できます。

設定→WalletとApple Pay→メインカードをSuica以外を選んで置くと一番最初に選択できるので便利です。

モバイルSuicaの注意点

オートチャージに対応しているのはビューカードのみ

通常のクレジットカードでは手動でモバイルSuica内でチャージしなければいけません。

もっとモバイルSuicaを楽に使うなら「ビューカードの発行」しクレジットカードを登録しなおしましょう。

ICリーダーが反応しない

今のところ反応が悪い…みたいなことはないです。

注意点としてはiPhone上部を当てる事です。

カメラの横に認識部分が付いているのでしっかり上部をかざしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)