【初心者向け】ゴールドになるための10段階講座①【CS】

こんばんわ。minionsです。

ゴールドになるための10段階講座①【CS】についてです。

CSの取り方やコツについては「CS(クリープスコア)の目安、取り方のコツ。」をどうぞ

では、10段階あり、長い道のりの1つ目の教導ですが始めていきます。宜しくお願いします。

CSについての知識・目安

対象にしているアンランク~シルバーの方ですがこのレート帯で一番差が分かりやすいのがCSです。

ゴールド以上のフレンドがいる方は一緒にノーマルとか行ってみて下さい。

ふざけて練習中のチャンピオンや本気でプレイしていなくても10分で80CSくらい取っているでしょう。

キルゲーになったり寄りが必要な場合もあり絶対に行くとは限りませんがおおよそこれくらい獲得するでしょうね

シルバー未満のプレイヤーは意識してCSを狙わないと10分で80とれない。と言う事です。

この教導で大事なのは意識して取れるかではなく、意識しなくても80位取れる。という点です。

この「ゴールドになるための10段階講座①【CS】」では意識しないで普通にプレイしているだけで10分80CS取れるかどうかという内容です。

では、ソロレーナー(MID,TOP)、JG、ADC、SUPの教導内容を書いていきます。

ソロレーナー

TOPとMIDレーナー向けです。

多少ランクをやっていたり、ノーマルの回数をこなしているプレイヤーが多いはずなのでCSが大事!しっかりとれ!みたいな内容は省きます。

今TOP,MIDをメインレーンとしているプレイヤー

この試合は教導通りにやろう!と思った試合で大丈夫です。(5試合連続とかではなくていです)

ランクorノーマルで5試合で意識して10分間85CSを獲得する。

この教導内容の詳細ですが、「意識して10分間85CS獲得する事が出来る」がテーマです。

理由は前述した通りいずれ意識して10分85CSが無意識に取れるようにならなければいけない。と言う事です。

ただ今はまだ意識した試合で取れれば大丈夫です。5回しっかり行ってください。

この教導中はローム等の他の事を意識しないで10分間で85CS取れるプレイを心掛けてください。

※この試合調子がいいな教導通りにやろうはなしです。ロールが取れた段階でするかしないか決めて下さい。

CSを獲得するタイミングでミニマップを見る。

これは5試合とか制限はなく癖を付けて下さい。

ミニマップにある情報はとても大事でブロシルの方はちょっと見てなすぎなので見る癖を付けるしかないです。

JG

中立のスコアはレベルによって経験値が変化するので明確な基準を付けにくいのでいくつとは明記できません。

文字だと教えにくいロールですので、感覚・知識を活かす事をテーマにしています。

赤バフ、青バフ、ラプター、どちらかのリバーのスカトルを相手JGに渡さない。

上記の4つは非常にゲームに影響がある中立と言う事を覚えておいてください。

しっかりと沸くタイミングでちゃんと狩り、それからカウンタージャングル、ガンク等の行動を起こして下さい。

この教導の内容では、自分の経験値を確保する事バフの沸くタイミングを無意識に覚える事が出来るようになります。

すると自分のJGのルートからカウンタージャングル、ガンクといった流れを覚えることができます。

そしてブロシルのJGでよく聞く何か分からないんだけど自分のレベルが低い。という現象を回避できます。

相手の赤バフ、青バフの沸くタイミングを把握する。

相手JGの情報を獲得する術を覚える事です

この教導では相手JGのルート、バフを狩るタイミング、ビルド、場所と多くの情報を獲得出来ます。

この段階では相手の情報の活かし方を把握しているプレイヤーは少ないかと思いますが、相手の情報獲得できる方法というのが重要です。

後々に絶対に必要な技術なので、ここでは情報の活かし方ではなく、獲得の仕方という事で出しています。

上記の2つを同時に行うのは経験が高いプレイヤーでないと難しいと思うので同時には行わなくてもよいです。

ただし、どちらかを意識して行う試合には徹底して下さい。

ADC

ADCの役割はオブジェクトを獲得する速度を速める事タンクを落とす事の2つのためにあります。

そのためにはCSを多く獲得し、ビルド如何にすばやく整える事が出来るかが大事なロールです。

10分間の間リコールを2回までに抑える

これはADCを行う度に意識して下さい。

今後ADCでレートを上げようと思うと序盤にリコールの回数が多いとADCでは大事なアイテムであるBFソードを買うタイミングで遅れてしまいゲームの流れがぐだぐだになってしまいます。

まずはBFソードを買うためのファーム時間を覚えそこから応用力を利かせていく必要があります。

この教導内容ではADCロールは如何にCSを獲得できるかなのでその前提のCSを稼ぐ時間を長くする事が大事。

ADCでは10分85CSと言った目安は敢えて決めていません。
理由は基準を設けてしまうと10分以降にCSの意識が薄れ、ゲーム中にゴールドを稼ぎ続けるという意識が欠けてしまうからです。

ブロシルのプレイヤーはキルを獲得したり、タワーが取れたりしてもなぜかADCのファーム数が少なかったりする事がよくあります。

BOT1stタワーが折れるまではサポートとリコールを合わせる。

これは徹底的に1vs2になる時間を減らす事です。
ADCが一人でファームしていたら間違いなく狙われます。

この教導内容ではADCがファーム出来る状況がどういう時なのかを覚える事を意識できるようになります。
サポートと息を合わせるといった点も含まれています。

上記2つを意識してプレイできると安全にファームをする技術が身に付いてきます。

SUP

CSを取らないロールであり、代わりにレーン戦ではADCが如何にCS取りやすい環境を整える事が重要です。
自分でCSを取らないので、明記出来る事はあまり無いですが知識はレーン戦で役立つはずなので必ずプレイして下さい。

ADCがCSを取るタイミングで一歩前に出る。

なぜ一歩前に出るのかは少し考えれば分かると思いますが、ADCがCSを取りやすくなるためです。

この教導内容ではADC視点の視野が必要になってくるので、サポートをやっていてもADCの気持ちを理解する事が出来るようになります。

ブロシルのプレイヤーで極端にひどい例を上げると、ADCの後ろでウロウロしているだけのサポートがいます。
本当に何のためにそこにいるのか不明なくらいただ後ろにいるだけのプレイヤーがいる事は事実です。

ADC視点からするとCSを取りに少し前に出ると相手のADC、サポートにフォーカスされダメージを一人で受けなければいけず、ADCが育たずファームも出来ずにBOTレーンは負けと言う事になってしまいます。

ADCにCSを取ってもらうためにサポートが何が出来るかを考えると、フォーカスを分散させる事が有効です。

BOT1stタワーが折れるまではADCとリコールを合わせる。

上述した通りで教導内容も同じです。

ADCが取れないCSは遠慮なく取る。

取れないCSですからね?

リコールタイミングがずれてしまってタワー下CSを取れる時、相手ミニオンに消されてしまう自軍ミニオンのCSと全然起こり得る話なので遠慮しないで取りましょう。

この教導内容ではサポートでもお金は必要で少しでも相手より多く稼げるとその分チームに貢献出来るという知識が身に付きます。

最後に

CSについての教導内容でしたが、ゴールド以上のプレイヤーはこのように言葉や文章には出来ない方はいるとしても感覚やざっくりとした内容で把握している事です。

lolというゲームにおいて知っている事と知らない事では大きな差があります。
ただ他ブログや情報系サイトには意味や何のためにやるのかあまり書いていません。

今回は最も基礎的な部分の無意識化で行えるようになるという教導でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)