How to play シンジド!使い方、立ち回り等紹介!

こんばんわ。minionsです。

今回はトップレーンの覇者シンジドについてです。

ファイター系やタンク系がトップのメタになると強いチャンピオンですね。

リヴェンやフィオラが暴れる環境だとピックするのは少し厳しいですが、現状ではピックしやすく安定して強いです。

スキルについて

スリップストリーム
(Noxious Slipstream)
Passive: 他のChampionの周囲225ユニット以内を通過するとき、MSが増加(20%, 2s)する。この効果は通過したChampion毎に10秒のCDが存在する。
毒の軌跡
(Poison Trail)
Toggle On: 通り道に毒(3.25s)を撒き、触れた敵ユニットに2秒かけて魔法DMを与える。0.25秒毎に計8回のDM判定が発生する。
魔法DM: 40/60/80/100/120 (+0.8AP)
Cost: 毎秒13MN CD: 1s Range: 20
強力粘着剤
(Mega Adhesive)
Active: 指定範囲に粘着剤(3s)を撒き、粘着剤の上にいる敵ユニットに継続的にSlow(40%)とGroundを与える。
効果範囲: 350
Cost: 60/70/80/90/100MN CD: 17/16/15/14/13s Range: 1000
すくい投げ
(Fling)
Active: 対象の敵ユニットに魔法DMを与え、後方にPullする。対象が強力粘着剤(W)の範囲内に着地した場合、追加で対象にSnareを与える。
魔法DM: 50/65/80/95/110 (+0.75AP) + [対象の最大HP × 6/6.5/7/7.5/8%] Snare効果時間: 1/1.25/1.5/1.5/2s Pull距離: 550
Cost: 80/95/110/125/140MN CD: 10s Range: 125
狂人のポーション
(Insanity Potion)
Active: 各ステータス(AP, AR, MR, MS, HP Regen/5s, MN Regen/5s)が増加(25s)する。
増加ステータス: 35/60/85
Cost: 100MN CD: 120/110/100s

スキルオーダー

R>Q>E>W

スタートオーダー

Q>E>Q>W

マスタリー

巨人の勇気がいいですね。

Eのすくい投げで発動し、役割的にはタンクなのでマッチしています。

ルーン

汎用のAPルーンで問題ありません。

MSルーンも選択肢の一つには入ってきますね。

ビルド

コアビルド

腐っていなければこの3つは鉄板ですね。

ヘルスとAPをバランスよく稼ぎ、Rの防御面上昇の効果で敵の後衛に張り付く事が出来ます。

ライチャスグローリーリーライ・クリスタルセプターライアンドリーの仮面

選択ビルド

コアビルド完成後は防御アイテムを状況に応じ購入していきましょう。

ソーンメイルアビサルマスクデッドマンプレートスピリットビサージュ

スタートアイテム

ダクシポーションで序盤はダクシの複数済み+コラプトポーションでレーンを制すといった具合です。

ダークシール詰め替えポーション

立ち回り

まずピックすべき状況としてはいけないマッチアップがあります。

相手がタンクの場合はどんな対面でも有利にレーン戦出来ます。

ファイターの中でもバーストが高い相手リヴェンやフィオラ等の相手にはレーン戦で勝つことが難しくコアビルドまで持たない事が多いので気をつけましょう。

レーン戦ではタンク相手では特に苦労する事もなくファームできます。

タンクはプッシュ性能も総じて高くないためシンジドのやりたいように出来ます。

相手が甘えているようであれ相手の回りをぐるぐるしていれば勝てたりしますね

ただファイター相手に迂闊に近づいてしまうと、トレードを挑まれスキルの性質上勝ちにくいです。

ファイター相手の場合は、ファームに徹し、ジャングラーを呼びましょう。

ガンクのセットアップはWEのコンボが強力なので決まりやすいです。

相手のプッシュ性能が低い場合はプロキシといった相手の1stタワーと2ndタワーの間でミニオンをQで処理し、相手トップレーナーをタワー下ファームに強制的に閉じ込める事が出来ます。

この戦略はフィオラやリヴェン、ガリオといったミニオンクリアが早く、火力が高い相手にはミニオン処理された後にjgと挟まれてキルされてしまうので、プロキシをするのは無謀ですのでやめましょう。

レーン戦ではやる事がシンプルな割りに判断能力が試されるチャンピオンですので、それなりの試行回数は必要でしょう。

集団戦ではシンプルでWEの精度以外はRをオンにしグローリーを使いADCorMIDに張り付き味方の方に投げ敵陣うろうろするだけでダメージが出せます。

グローリー+Rのイニシエート性能はかなり高いので、人数差が確認出来たらすぐに当たるといった事もできます。

間違えてもアムムやセジュアニといった集団AOEが優秀な相手を味方の近くに投げないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)