How to play マオカイ!使い方、立ち回り等紹介!

こんばんわ。minionsです。

今回はタンクメタになるといつも安定して強いマオカイについてです。

現在パッチ7.15時点ではjg topでトップ5に入る強さですね。

チーム構成でイニシエート役、ピーラーが少ない場合ピック出来る様にしておきましょう。

スキル紹介<wikiより>

魔樹液
(Sap Magic)
Passive: 30/25/20s(Lv1/6/11)毎に次のAAにHPが回復する効果が付与される(建物には無効)。自身がスキルを使用するか、敵のスキルが自身に命中するとCDが4s解消される(スキル1回につき1度まで)。体力が95%以上残っている場合は発動しない。回復HPはLv1/6/9/11/13/15/17で上昇する。
回復HP: 5/15/25/35/45/55/65 + [最大HP × 6/7.5/9/10/11/12/13%] 茨打ち
(Bramble Smash)
Active: 周囲の敵ユニットと指定方向の敵ユニットに魔法DMとSlow(99%, 0.25s)を与える。周囲の敵ユニットには更にKnockbackを与える。
魔法DM: 70/115/160/205/250 (+0.4AP) Knockback範囲: 200 最大Knockback距離: 300
Cost: 50MN CD: 8/7.25/6.5/5.75/5s Range: 600
樹人の進撃
(Twisted Advance)
Active: 対象の敵ユニットまで対象指定不可状態でリープし、魔法DMとSnareを与える。
魔法DM: 50/75/100/125/150 (+0.4AP)
Snare効果時間: 1/1.1/1.2/1.3/1.4s
Cost: 60/65/70/75/80MN CD: 13/12/11/10/9s Range: 525
苗木投げ
(Sapling Toss)
Active: 指定地点に苗木を投げる。苗木はその場で30s持続し、敵ユニットが近付くと相手に向かって移動を開始する。敵に接触するか数秒経つと爆発し、周囲に魔法DMとSlow(35%, 2s)を与える。ブッシュの中に投げると持続時間が自身の増加HPの2.5%分上昇し、起爆範囲が広がる。さらに爆発時の範囲にいた敵ユニットに2秒かけて100%の追加魔法DMを与える。苗木の増加MSは自身の靴の種類によって上昇する。
魔法DM: 25/50/75/100/125 + [対象の最大HP × (8% (+0.01AP)%)] ※敵Minionと中立Monsterに対しては300DMが上限
効果範囲: 350 苗木MS: 400 起動範囲: 500 視界範囲: 700
Cost: 60/65/70/75/80MN CD: 11s Range: 1100
大地の捕縛
(Nature’s Grasp)
Active: 背後から5本の巨大な茨の壁を召喚する。それぞれの茨は指定方向へゆっくりと前進し、最初に当たった敵Championに魔法DMとSnare(0.6-2.4s)を与える。Snare効果時間は茨の移動距離に応じて増加し、Range1000で最大となる。
魔法DM: 150/225/300 (+0.75AP)
Cost: 100MN CD: 120/100/80s Range: 3000

スキルオーダー

JGでもTOPでもR>Q>W>Eです。

一時期はやったE上げの苗木罠は割合ダメージが一律8%になったのでE上げる意味があまりありません。

スタートのスキルオーダー

JGの場合はE>Q>W

TOPの場合はQ>W>E

がよいでしょう。

マスタリー

JGでもTOPでも下記の通りでよいでしょう。

ルーン

基本的にはタンクルーンやMSルーン、AP汎用といったものでよいですが

ルーンページに余裕がある場合は印に攻撃速度を9個埋めて下さい。

ゲームの中でのパッシブの回転率が目に見えて変わります。

ビルド

TOPコアビルド

サンファイア・ケープスピリットビサージュソーンメイル

JGコアビルド

エンチャント: シンダーハルクライチャスグローリースピリットビサージュ

マオカイの場合フルタンクでバミシンダーと割合ダメージで戦うチャンピオンです。

上記のビルドはバランス良く防御面を上げるビルドです。

基本的には戦況に適した防具を積んでいきましょう。

正直これは絶対積むといいと思えるのはバミシンダー派生のアイテム+スピリットビサージュです。

立ち回り

純粋なタンクなので、特殊な動きは特にないでしょう。

仕掛けの際にはWでインし、相手の背後に回りQで味方側にノックバックさせRでさらに拘束。

と言ったイニシエートが基本スタイルです。

敵のイニシエートを捌くためにRでディスエンゲージ狙うといったプレイングも可能です。

集団戦ではイニシエート役をマオカイが担うのか、ADCのピール役になうかによってスキルを温存するか吐き切ってしまうのかが決まってきまので、チーム構成に柔軟にあわせましょう。

マオカイのWには無敵判定があるため、相手の対象指定スキルを合えてフォーカスされWで無効化+イニシエートと言った少し難しいですがスキルドッジがあると言う事を覚えていきましょう。

注意点はやはりWQRのコンボの間に少し間を起きCCの終わり際に次のCCを重ね少しでも長く拘束する事です。

パッチ7.15現在マオカイの挙動がおかしいので少し気をつけてプレイしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)