レーン戦で勝つためには。

こんばんわ。minionsです。

今回はレーン戦の勝ち方についてです。

レーン戦に勝つという定義について。

3つほど勝ったといえる状況がありますね。

①対面をソロキルする。

②CS差を付ける。

③タワーを先に折る。

サイドロームを行う等ありますが、自分のいるレーンを勝つというわけではないので別の話にします。

①対面をソロキルするためには。

やはりハラス戦を制す事ですね。

ダメージトレードについての話になりますが、一番ダメなパターンは相手のスキルを喰らい、自分のスキルは当たらない。

こういうトレードが2,3回も続くと相手とのレート差があるため、PSの問題です。

もしくは、自分がスキルを当てたい!と言う気持ちがプレイングに現れているせいで避けられやすい。

大きくこの2つが考えられますね。

前者の場合は大人しくファームする事に切り替えましょう。

もしそのまま普段通りトレードを挑むと無駄なマナ消費やプレイングに粗が出てきて、相手にキルチャンスを与えてしまうので早めに切り替えましょう。

PSが格上相手にレーンでフィードしない事は大事な事です。

後者の場合はレーン初心者や低レートの場合よく起きる現象ですね。

自分がスキルを当てたい!と思う時にあからさまに前に出ると相手にもこいつスキル打つの狙ってるな。と言うのが伝わります。

これはスキルトレードをされる可能性も高くなり、スキルドッジされる可能性も高まります。

しかし、相手のCSを取るタイミングにハラスをする。この行動自体は辞めては行けません。

相手がミニオンにAAでCSを取る時にこちらがAAを打ち、相手と自分のスキルが当たればAA分お得です。

相手にフリーでCSが取れると思わせるのはよくないです。少しでもCSを取る際にハラスをされるかもと思わせる事で相手もレーニング甘える事がしにくくなります。

一番最高なレーニングはさり気無くハラスが出来る距離感です。

ある程度レートが高いプレイヤーはこれができています。

そのおかげでさり気無いハラスの数々で有利が付いた途端ゾーニングやオールインをされるわけです。

まずはこのさり気無いハラスを出来るようになりましょう。

そして絶対にダメージトレードにおいてこちらが0ダメージと言うのは無くしましょう。

こちらが全く反撃しないと相手は死ぬまでハラスを挑んでくるでしょう。

こちらが少しでも反撃するのであれば甘えたトレードはしてこないのでレーニング自体も行いやすくなります。

しっかりと自分の使うチャンピオンのバーストを把握し、レーニングで目的のヘルスまで削りオールインを狙いましょう。

トレードが上手く出来ていないのでソロキルも狙えず、上手くいかないというパターンが多いです。

ソロキルを狙うプレイングを行うのであれば、どれくらいならソロキルできるか、そのラインまでにどういうトレードを行うかを考える事が大事です。

②CS差を付ける。

CS精度を高める事。

しっかりとレーニングで相手に差を付けさせるプレイを行う。

相手が大砲ミニオンのCSを狙うタイミングでオールインするぞ!と相手に意識させる等。

CS差をつけ、ビルド差で相手より活躍するプレイですね。

③タワーを先に折る。

マルザハールやハイマーのようなプッシュし続け、タワーを削り、相手より先にタワーを折りゴールド差、視界差をつける事でチームに貢献するプレイですね。

ファーストタワーボーナスや、視界の差はチームにそのまま有利を運ぶ事になります。

ただこのプレイング中に敵レーナーにキルを与えてしまうのはよくありません。

あくまでもセーフプレイしつつ、タワーを先に折れるという状況が最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)