レーン戦が強いチャンピオンが活躍している

こんにちわ。minionsです。

最近パッチ7.12で少し気になったので記事にしてみようと思います。

まずは各レーンで勝率の高いチャンピオン達ですが

TOP

・カーサス

・パンテオン

・ケイル

・スウェイン

・ハイマー

JG

・ヌヌ

・オレリオン・ソル

・シャコ

・マオカイ

・ワーウィック

MID

・マルザハール

・アニビア

・フィドル

・オレリオン・ソル

・ジリアン

ADC

・ドレイブン

・ツイッチ

・ジグス

・ケイトリン

・フォーチュン

SUP

・サイオン

・ブリッツ

・スレッシュ

・ソナ

・ジャンナ

今のメタで勝率の高い5チャンピオンを上げました。

タイトルの通りレーン戦が強いチャンピオンの勝率が非常いいです。

MIDではプッシュ力が重視されているようです。

ちょっと前のパッチでは、MIDではアーリやアニー、ヴェルコズといった序盤から影響力のあるチャンピオンが強かったです。

しかし、マルザやアニビア、オレリオン・ソル達のプッシュ力にゲームを圧されるようです。

TOPの環境ではファイターが流行っている反面勝率の高いチャンピオンはAPですね。

ファイター相手にレンジ差によりレーン戦が安定して勝ちやすいためでしょう。

もちろん、リヴェンやフィオラのようなスノーボール性能が高いチャンピオンも強いです。

ADCの環境はハリケーンが弱くなり、王剣が高くなったためレーン戦がそこまで強くないチャンピオンは上位には食い込めなくなったようです。王剣に支えられていたチャンピオンは落ち込んでいます。

クリティカルビルドが強く>ですね。BF→sivを完成させIEです。

フォーチュンも最近はクリティカルが多いですね。実はツイッチもクリティカルビルドの方が勝率が高いです。

SUPはサイオン、ブリッツ、スレッシュはレーン戦が強く相手のBOTを崩壊させやすいサポートです。

次にソナやジャンナ、ソラカのようなヒール系ですね。プロテクトADC構成が最近流行りになりかけているため

サポートにピール系やヒール系を置く事でレーン戦よりも集団戦に重きを置き、オブジェクト戦を行う構成ですが

サイオン、ブリッツ、スレッシュにレーンで崩壊されなければ・・・といった具合になりますね。

JGはマオカイやオレソルのようなピック率低いチャンピオンはOTP(ワントリックポニー)達が活躍しているのでしょう。

ヌヌやワーウィックのようなファーム系は強力ではありますが、味方のレーン戦が強力な構成の時光ります。

アイバーンやザックも以前として強いですね。J4も評価が高くなってきています。

シャコ、J4、ザック、アイバーンと言った序盤のGANK性能も高く、カウンタージャングルの性能と言った辺りが評価されているようです。

全体な構成だと各レーンのチャンピオンがレーン戦に強く、プッシュが出来る琴によりジャングラーが相手ジャングルを荒らすと言った構成。

サポートとジャングルに強力なピーラーやCCを置き、ADCを守るといった構成がパッチ7.12のソロキューに置いて勝率がいいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)