How to play ルル!使い方、立ち回り等紹介!

こんにちわ。minionsです。

今回はパッチ7.6辺りから活躍しているルルについてです。

アサシン環境になるといつも活躍しPickorBANになりますね。

その強さの一端を紹介します。

まずルルの強みについては皆さんご存知の通り

ピール性能、生存能力の引き上げ、レーンの強さ

この3つが大きな要素となっています。

レーン戦、集団戦、小規模戦どんな戦いでも活躍できます。

スキルセットの詳細(wiki転載)

仲良し妖精ピックス(Pix, Faerie Companion)

Passive: ピックスという妖精がお供になる。ピックスが付いている味方ChampionがAAを行った場合、ピックスが同一の敵ユニットの方向に貫通せず対象を追尾するが、弾道上にいる他の敵ユニットにも当たるAAを3回行い、当たった敵ユニットに対して追加魔法DM(建物には無効)を与える。

追加魔法DM(1Hit毎): 3 + (Lv × 2) (+0.05AP)

最大追加魔法DM: 9 + (Lv × 6) (+0.15AP)

ぴかぴかビーム(Glitterlance)

Active: 指定方向に貫通するエネルギーを発射し当たった敵ユニットに魔法DMと少しずつ減衰するSlow(80%, 2s)を与える。またピックスがいる位置からもこのスキルが発射される。同一の対象には一度しか命中せず、2体目以降の敵ユニットには70%のDMを与える。

魔法DM(1体目): 80/125/170/215/260 (+0.5AP)

魔法DM(2体目以降): 56/87.5/119/150.5/182 (+0.35AP)

Cost: 50/55/60/65/70MN CD: 7s Range: 925

イタズラ(Whimsy)

Active – 味方Champion指定時: 一定時間対象の味方ChampionのMSとASを増加させる。

効果時間: 3/3.25/3.5/3.75/4s

増加MS: 30% (+0.05AP)%

増加AS: 25/30/35/40/45%

Active – 敵Champion指定時: 一定時間対象の敵Championを無力な動物(Polymorph)に変化させ、その間AAとスキルを封じ、MSを60減少させる。

Polymorph効果時間: 1.25/1.5/1.75/2/2.25s

Cost: 65MN CD: 16/15/14/13/12s Range: 650

ピックス、おねがい!(Help, Pix!)

Active – 味方ユニット指定時: 対象の味方ユニットにピックス(6s)を付かせる。対象が味方Championだった場合は更にDMを軽減するシールドを付与する。

シールド耐久値: 80/120/160/200/240 (+0.6AP)

Active – 敵ユニット指定時: 対象の敵ユニットにピックス(6s)を付かせると同時に魔法DMを与え、対象の敵ユニットのステルスを看破し視界を得る。

魔法DM: 80/110/140/170/200 (+0.4AP)

Cost: 60/70/80/90/100MN CD: 10s Range: 650

おおきくなぁれ!(Wild Growth)

Active: 対象の味方Championを巨大化(7s)させ、同時に対象の近くにいる敵ユニットにKnockup(1s)を与える。巨大化した味方ChampionはHPが増加し、周囲の敵ユニットに継続的にSlowを与える。Slowは効果範囲を出ても、0.25秒持続する。

増加HP: 300/450/600 (+0.5AP)

Slow: 30/45/60% 効果範囲: 300

Cosr: 100MN CD: 110/95/80s Range: 900

 

詳細な数値等はそこまで気にしなくても良いと思います。

相手と味方によってスキルが変わると言う事は認識しておいてください。

これらのスキルを適切なタイミングで発動する事が大事です。

スキルオーダーについて

MIDレーンの場合はダメージ優先ですので

R>Q>E>W

サポートルルの場合は2パターン

① R>E>W>Q

② R>Q>E>W

まず①の場合ですが、基本的なルルサポートの形でしょう。

ピール重視のマスタリー風詠みの祝福の効果でシールド性能を高めみかたをとことん守るスタイルですね。

②の場合はレーンを勝った時にオーダーします。

MIDレーンのダメージ優先と同じ要領で、マスタリーはサンダーロードです。

ルルは非常にAAが優秀なのでレーン勝ちやすいです。

上手く行けば一人でBOT完封出来るくらいなのでシールドを態々上げるよりダメージを上げた方が結果的にADCのサポートになります。

そしてこのオーダーをしているルルはザイラやブランドのように無視できないサポートとなります。

フォーカスを集めやすくなり、スキルのタイミングが分かりやすくなります。

味方が狙われているより自分が狙われている方が意識しやすいと思います。

サポートが難しいと言われる所以の一つでしょうね。これが少し緩和されます。

敵のアサシンは無視できないルルに対してワンコンで落とそうとして来ると返り討ちに合います。

これが②オーダーサポートルルの強みです。WとRの存在はスキルレベルが低くても強力と言う事を覚えていて下さい。

BOTレーンの勝ち方は他のサポートより分かりやすく

ミニオンウェーブが同じ量、こちらが多い場合はひたすらAA.E.AA.Qとハラスし続ける事です。

相手のサポートがスキルを返して来なければこれだけでレーンは圧倒できます。

ブロシル帯であればこの動きを徹底するだけでいいので、是非試して見て下さい。

ただしミニオンウェーブが相手タワーに押している時はしっかりワーディングしましょう。

多少反応が遅れ引くのが遅くなってもWさえ残っていればフラッシュ切らずに逃げれる事が多いです。

余談、個人的なサポートロールでのコツの一つですが、レーンをアグレッシブに行く時はいつも以上にワーディングをしっかりしてください。逆にファームゲームにしたい場合はTP用のワーディングの用意に意識します。

レーン戦は非常に簡単なルルですが集団戦、小規模戦となると途端に難しくなります

EとWとRのタイミングが全てです。

上手く行けば各スキル1つに付き一人ピール可能です。

ただしそれも複数人をピールすべきなのか、一人を徹底的にピールするのか

誰をピールすべきなのか、判断しなければいけません。

大して育ってない味方を徹底的にピールしても活躍しづらいでしょう

BOTレーンはルルがいるので勝っているとしてそのほかの味方の成長状況や誰がこの時間帯強いのか

しっかりとした状況判断とスキル使用のタイミングです。

ルルの活躍は全てに置いてこれに尽きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)