パッチノート7.10公開!気になった部分だけ考察!

こんばんわ。minionsです。

パッチノート7.10が公開されましたね。

ついにアイバーンのナーフが入りました。

それとピック率が低かったチャンピオンの少し調整が入ったようです。

チャンピオン調整

ハイマー

砲台、ロケット、グレネードマシマシ。WとEが命中すると砲台のレーザー攻撃をチャージ。固有スキルで、味方や砲台の体力自動回復値が増加するのではなく、砲台の近くにいると自身の移動速度が増加するように。

基本ステータス

基本体力自動回復11 7
レベルアップごとの体力自動回復増加量1.75 0.55

NEW固有スキル – ヘクステックの親和性

スピーディー・ハイマー味方のタワーまたは自身が設置した砲台から距離300以内にいると自身の移動速度が20%増加する

Q – H-28G革新砲

低ランクでの砲台数が増加。基本ダメージ低下、反映率増加。レーザー攻撃のチャージ速度が低下するが、WかEが命中するとチャージ率が大きく増加。敵の近接攻撃ユニットに対する砲台の脅威度が低下。

スタック数上限1/2/2/3/3 ランクにかかわらず3
スタック増加所要時間24/23/22/21/20秒 20秒
基本ダメージ12/18/24/30/36(+ 魔力×0.15) 6/9/12/15/18(+ 魔力×0.3)
レーザー攻撃ダメージ40/60/80/105/130 40/60/80/100/120(魔力反映率変更なし)
削除手抜きコンテンツ砲台は近くにいる敵チャンピオンや攻撃してきた敵チャンピオンを優先して攻撃しなくなりました
削除砲台よ、さらばハイマーが周辺から離れたあとも少しの間だけ砲台が稼動し続けることはなくなりました
NEWスキルによるレーザーチャージボーナス近くにある砲台のレーザー攻撃は敵チャンピオンに命中したWのロケット1発につき20%チャージされ、敵チャンピオンにEのグレネードが命中した場合は100%チャージされます(アルティメットスキルで強化されたWとEでも適用されるボーナスは同じです)
レーザー充填タイマー砲台が0%から100%までチャージするのにかかる時間: 16秒 90秒
削除攻撃時のレーザーチャージボーナス砲台の通常攻撃によってレーザーが1/2/3/4/5%チャージされることはなくなりました
削除予熱済みレーザー攻撃のチャージ率が70%の状態で砲台が設置されることはなくなります
視認性チャージバーが濃い青色ではなく白色になりました

W – ヘクステック小型ロケット

マナコスト70/80/90/100/110 50/60/70/80/90
クールダウンランクにかかわらず11秒 11/10/9/8/7秒
NEWレーザーチャージ敵チャンピオンに命中したロケット1発につきダメージ発生地点から範囲1000以内にあるすべての砲台のレーザー攻撃が20%チャージされます(5発すべてのロケットが当たった場合は最大の100%)

E – CH-2超電磁グレネード

クールダウン18/16/14/12/10秒 ランクにかかわらず12秒
ダメージ範囲210 250 (中央のスタン適用範囲の大きさは変わらず)
NEWレーザーチャージグレネードが敵チャンピオンに命中すると、ダメージ発生地点から範囲1000以内にあるすべての砲台のレーザー攻撃が100%チャージされます
ディスコボール自分の真上にグレネードを投げられるようになりました

「アップグレード!!!」されたE – CH-3X稲妻グレネード

基本ダメージ150/200/250 150/250/350
反映率魔力×0.6 魔力×0.75
全然みなかったチャンピオンですが、調整されて強くなったんでしょうか・・・?
レーザーが通常だと溜まりにくくてWを当てるとすぐに溜まるといった具合ですね。

ラムス

Qの移動速度増加、効果時間低下、クールダウン短縮。Wは固有スキルの効果を増幅するがラムスの移動速度を低下させる。Eは攻撃速度を増加させ、Rはスロウを付与するようになった代わりにダメージが低下。

NEW固有スキル – トゲトゲ

削除甲羅(物理)ラムスは物理防御の25%を攻撃力として獲得しなくなりました
NEW甲羅(魔法)ラムスは通常攻撃で8~20(レベル1~13)(+ 物理防御の10%)の追加魔法ダメージを与えます

Q – ころころ

クールダウン16/14.5/13/11.5/10秒 16/13.5/11/8.5/6秒
効果時間7秒 6秒
NEW詠唱「ころころ」は詠唱中扱いのスキルになりました
最大移動速度155% 150~235%(レベル1~18)
ダメージ100/150/200/250/300 100/135/170/205/240
スロウ効果2秒間、20/25/30/35/40% 1秒間、40/50/60/70/80%
衝突判定衝突判定の範囲が少し狭まり、敵の間をすり抜けやすくなりました。衝突判定のチェック頻度も上がり、判定の精度が向上しました
効果範囲変更なし。つまり、衝突範囲よりも広範囲の敵に、ラムスはノックバック、ダメージ、スロウを与えます。
バグ修正ラムスは「ころころ」発動中にプラントを利用できるようになりました

W – かたくなる

クールダウン14秒(W発動時にクールダウン開始) 6秒(W終了時にクールダウン開始)

効果時間6秒(変更なし)
増加防御値40/60/80/100/120 20の固定値 + ラムスの合計防御値の50/55/60/65/70%
NEWまんまる「かたくなる」発動中は、ラムスの移動速度が60%低下します
NEWオーケー「かたくなる」を再発動することで、効果を早めに解除することができるようになりました
NEWトゲトゲしい甲羅「かたくなる」発動中は、ラムスの「トゲトゲ」の効果が50%増加します
ソーンメイル風「かたくなる」の効果中にラムスに通常攻撃を行った敵に25/35/45/55/65(+ ラムスの物理防御の10%)のダメージを与える 「トゲトゲ」の追加ダメージに等しいダメージを与える(「かたくなる」発動中は12~30{+ ラムスの物理防御の15%})

E – ぴりぴり

名称ちくちく ぴりぴり
削除ちくちく「ぴりぴり」では対象の物理防御を5/10/15/20/25低下させなくなりました
NEWぴりぴりタウントの効果時間中(1.25/1.5/1.75/2.0/2.25秒)は、ラムスの攻撃速度が20/25/30/35/40%増加します
NEWオーライ攻撃速度増加バフの持続時間は、ラムスの他のスキルの効果中、常に更新されます

R – ドスンドスン

毎秒ダメージ65/130/195(+ 魔力×0.3) 40/80/120(+ 魔力×0.2)
NEW耐震性に問題あり「ドスンドスン」は建造物に2倍のダメージを与えます
NEWぐらぐら「ドスンドスン」の衝撃波は、敵に8/10/12%のスロウ効果を1.5秒間付与します。後続の衝撃波はスタックを追加で付与し、さらに効果時間を更新します(最大スロウ効果: 64/80/96%)
タワー折りくっそはやそうwww
金エンチャ+グインソーでトロールがめっちゃ楽しそう。

フィズ

Wの基本ダメージ低下、反映率上昇。

W – シートライデント

出血ダメージ25/40/55/70/85(+ 魔力×0.33) 20/30/40/50/60(+ 魔力×0.4)
発動効果ダメージ25/40/55/70/85(+ 魔力×0.33) 20/30/40/50/60(+ 魔力×0.4)
マークされた対象への発動効果ダメージ75/120/165/210/255(+ 魔力×1.0) 60/90/120/150/180(+ 魔力×1.2)
タンクフィズが消えて通常のAPアサシンとして機能してほしいっていう調整でしょうね
ただダメージ高すぎるのが悪い。E削除して
アイバーン&リーシン&グレイブスのナーフ
ついにアイバーンのナーフです。
スマイト+パッシブの一瞬でバフを刈り取り、味方にバフを付与出来るといったプレイは非常に強いので使い方次第でまだまだ現役でしょう。
リーシンはMSの低下により序盤の影響力が少し落ち、6レベルの性能も少し低下ですね。
グレイブスも同様に単純にダメージの低下。

この影響によりニダリー・エリス・キンドレッド・ヌヌがジャングルとしてさらに活躍しやすくなりますね。

エリス・キンドレッドは今のうちに練習してOPとばれる前にレートブーストしましょう。

セジュアニ

「氷結の鎧」から得られる固定防御値を低レベル帯において低下。

ミッドシーズンでのアップデート以降、“極北の激憤”たるセジュアニは想定していた以上の勢いでサモナーズリフトを駆け回っています。ミッドパッチでの修正により、そのバランスは許容できるラインに近付きはしましたが、とはいえ低レベル帯における「氷結の鎧」は(とくにレーン戦において)まだまだ強過ぎると言えるでしょう。ゲーム終盤における「氷結の鎧」の硬さはそのままですが、今回の調整により序盤戦の小競り合いにおける圧倒的な強さはいくぶん緩和されるはずです。

固有スキル – 極北の激憤

「氷結の鎧」固定防御値レベルにかかわらず100 20/60/100(レベル1/7/14)

Q – 猪突凍進

当たり判定セジュアニの後ろにいる敵ユニットにぶつかってしまうケースが存在したため、若干位置を調整しました

W – 氷河の怒り

「氷河の怒り」は完了までにおよそ1秒かかるため、以下の変更はほぼ互いを相殺するものだと言えるでしょう。ただ全体的には、クールダウンがわずかに延びます。

クールダウンの仕様クールダウンは発動時に開始 両方の攻撃が完了すると開始
クールダウン10/9/8/7/6秒 9/8/7/6/5秒
マオカイ・ザック・セジュに関しては一気にテコ入れが入りましたね。
強すぎたセジュが大幅ナーフされ、マオカイのサポ運用としてはriot的にはよくないようですね。
ザックに関しては手探りな感じですね。
強くなりすぎないように意識しているように思います。
ジャングラーが鍵を握るパッチになりそうですね。
ニダリー・エリス・キンドレッド・ヌヌは使えるようにしておくべきです。
是非練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)