カウンターとは?

こんばんわ。minionsです。

lolでよく聞く言葉の一つで「カウンター」というものがあります。

今日はその事について少し考えようと思います。

まず「カウンター」の意味ですね。

カウンターピック、カウンタージャングル、カウンターガンクと言ったように使われます。

相手のプレイに対してカウンターで何かを行うことです。

相手のガンクに対して同じレーンにガンクを行うこともカウンターガンクですね。

もちろんBOTへのガンクに対してTOPにガンクする事も分かっていればカウンターガンクといえるでしょう。

予め相手の行動が分かっていればそれに対して行うプレイの事です。

相手のガンクとたまたま噛み合っただけの場合はカウンタープレイとは言えませんよね。

相手のガンクがスキルファイターであればスキルを全て落とした後にこちらがガンクすれば上手く行けばダブルキルとれます。

ただ純粋なファイターやDPS高い相手でこちらがスキルファイターのジャンフラーだとカウンターガンクをしても返り討ちに合う場合もあります。スキル1セットで落とせれば問題ないです。

相手のプレイに対してこちらが有利なプレイを取れる事をカウンターと呼ばれますね。

カウンターピック

これもある程度lolをやっていればわかっていると思いますが

自分がプレイするチャンピオンに対して有利を取れるチャンピオンピックする事です。

MIDで例えるとゼドに対してケイルをピックする。

アニビアに対してアニーをピックする。

と分かりやすいカウンターピックは上記のような所でしょうね。

なぜカウンターなのか考えた事はありますか?

相手の強いプレイングに対しての対抗手段がある。と言うところですね。

例えばゼドVSケイルですね。

まずゼド側は不利です。

メレーVSレンジと言った所もあり、ゼドの強い6レベルのULTのオールインまで安全にファームする事が難しい。

さらにケイルはサステインを持っておりゼドには無い。

極め付けには6レベルのオールインもケイルのULTによって無効化されます。

次にアニビアVSアニーです。

一見レンジVSレンジで、お互いスキルのダメージが高い相手ですが

アニーのULTはアニビアのパッシブにものすごく刺さります。

アニビアはパッシブのおかげでMIDのバーストメイジたちにはカウンターとしてプレイする事が出来ますが

アニーに対してはカウンターとなりえません。なぜならアニーのワンコンはバーストが高いのはもちろんですが

ティバーズが継続的にダメージを与えるのでアニビアがパッシブの卵になっても耐える事ができません。

このように各チャンピオンに設定されている強いプレイに対して有利な選択が出来るチャンピオンをプレイする事でレーン戦等有利に運ぶ事が出来ます。

ただし、何がカウンタープレイなのか分かっていなければ意味がありません。

ここでは全ての事がいえませんが少しずつ各ちゃんピンのガイドも書いて行こうと思っていますので

そこで少しずつ書いて行こうと思います。

今自分がよく使っているチャンピオンは何が強みで、何に弱いのか、またこういうプレイには弱い。

と言った所を把握して見てください。

カウンターだから負けた。とよく言い訳に使われますが、このゲームは相手のチームに対してカウンターを如何に多く揃えられるかのゲームです。

相手のチームの強いプレイさえしっかり理解してあればそのプレイに付き合わない選択を取れるはずなのでしっかり考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)