レーン戦後のBOTの動きについて(ADC/SUP視点)

こんばんわ、minionsです。

今回はレーン戦後の動きについてです。

全レーン1記事にするのはちょっと大変なので分けていきます。

今回はBOT視点です。

まずレーン戦後についてなので、大きく分けて2パターンの展開があります。

1つ目はこちら側のBOT1stタワーが居られた場合。

2つ目こちらが敵BOT1stを折った場合。

この2つですね。均衡状態は省きます。

BOTの力だけではゲームが動かせない状態になっているため、他レーンの力が必要です。

折った場合の展開についてですが、こちらは案外難しくは無いでしょう。

大体BOTの1stが取れた場合そのままドラゴンも取れているでしょう。

次に一番近いオブジェクトはMIDの1stタワーでしょう。

ただしMIDの1stに圧力をかける場合、相手のMIDレーナーのウェーブクリア能力を考えましょう。

例えばルブランやカサディンだとすると、勝っているBOTコンビであれば上手くタワーシージ出来るでしょう。

味方のMIDレーナーもタワーシージに参加するのか、BOTに行ってもらってファームしてもらうかは状況によります。

早くタワーシージが終わる場合はMIDレーナーと一緒にMIDタワーを狙いましょう。

何ウェーブかかるか分からない場合はMIDレーナーにBOTに行ってもらいましょう。

あくまでBOTコンビはMIDシージです。これには理由があります。

BOTコンビが1stを取ったとして2ndへシージするには下の図のようなワーディングが必要です。

敵のMID+JGのガンク対策が必要不可欠です。

しかも視界を取り続けなければ、相手のMID,JGが育ち1stブレイクボーナスも意味がなくなってしまいます。

この作戦を取るには少々リスキーなので、MIDシージを優先した方安全に有利を掴めます。

MIDの1stを獲得出来たら、2ndドラゴン戦orTOPの1stシージです。

ここの選択は少々難しいです。ドラゴン戦に勝つ事が出来るのであればドラゴン戦をしましょう。

キル+ドラゴン取れればボーナスですね。

もし相手がドラゴン戦行わない選択をしても、とれてもTOPタワーでしょう。

こちらのBOTコンビがドラゴン後にTOP1stへ圧力を掛ければいいので問題ありません。

ただドラゴン戦に負ける可能性がある時はドラゴンを相手にあげる選択も取ってよいです。

その代わりにTOPに4人でも用意しダイブ+タワー相手がドラゴンに時間がかかっているようであればヘラルドも狙えます。

全タワー1st取れた場合はグループしてどこかの2ndをごり押しする。もしくはドラゴンorバロン戦をする。

ここが結構出来ていない人が多いと思います。グループせずに少しずつ各レーンを押し上げるのはほとんど無意味です。

相手にファームする時間を与える事になるので実は有利がどんどん縮んでいきます。

こちらが5人で1つのタワーを狙った場合は相手は守るために相手をしなければいけないので、無理やり戦闘を起こす事も出来ます。

じっくり5vs5でシージしてもよいでしょう。(ミニオンのプッシュレーンの作り方等の技術は必要ですがまた別の記事で書きます)

もし相手が人数用意しないのであればそれこそダイブしてインヒビまで壊せる可能性があります。

これを各レーン繰り返すだけなのでイージーゲームですね。BOTが勝つという事はそういうことです。

 

2つ目の展開。

タワーが折られてしまった場合。

ADCを育てるためにこの3箇所にワーディングし、サポートはジャングルをサポートしてガンクを決めましょう。

MIDでもBOTでもいいです。相手が2ndまで押してくるようなプレイヤーであれば逆転出来ます。

2ndへシージしてくる!と気づいたら早めにガンクしましょう。時間がたつにつれて手がつけれなくなります。

逆に相手がMID1stへシージする場合はサポートはMIDへ行きタワー防衛を手伝いましょう。

とにかく時間を稼ぐ事が大事です。相手がMIDシージ決まらないなと思ってリコールした場合はBOTのミニオンクリアかTOPへのシージに切り替わるはずです。

BOTのクリアであればこちらのADCのファームがもう少し出来るのでガンクされないようなワーディングをしジャングラーをサポートしましょう。

相手がTOPシージを狙ったの場合こちらもBOTコンビで対応しましょう。

相手のTOPレーナーがBOTに来る事になるので、ADCと1vs1は流石に危険すぎます。

TOPで2vs2が起きた場合、ほぼ間違いなくJGかMIDも寄って来てタワーダイブを狙ってきます。

なるべく深めにワーディングをし、味方のJGとMIDも寄れるように用意しておきましょう。

時間が稼げればドラゴン戦やバロン戦で逆転が可能です。

レーン戦後のBOTの動きはこのような形になります。

サポートの注意点はADCにファームさせる場合はワーディングをしっかり行い。

第2のJGとして活躍しましょう。サポートの腕の見せ所です。

ただBOTが負けてる状況なので、あくまでも時間を如何に稼げるかという事に主観を置いてプレイしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)